1. TOP
  2. 棟換気とは

棟換気(換気棟)とは

About
01

棟換気(換気棟)とは

棟換気とは

最適な小屋裏換気方法 ― 
「棟換気(換気棟)」

空気には暖かくなると軽くなり上昇するという特性があることを利用し、小屋裏の最下部である軒から新鮮な空気を取り入れ、小屋裏内で暖まった空気を屋根の一番高い場所(棟部)で排気することを「棟換気」と呼びます。

棟換気(換気棟)の機能・特長

小屋裏空間の調温

小屋裏空間の調温

夏場、直射日光を受けた屋根材を通じて小屋裏空間は著しく高温になります。
棟換気(換気棟)は小屋裏空間の空気を常に入れ替え続けることで温度を下げ、小屋裏空間の熱気が与える居住空間への悪影響を和らげます。

小屋裏空間の調湿

小屋裏空間の調湿

人の呼気、入浴、洗濯物の部屋干し、加湿器の使用など、居住空間で発生した湿気の一部は天井を抜けて小屋裏空間へと侵入し、多湿な環境を生み出します。
棟換気(換気棟)は小屋裏空間の空気を入れ替え続けることで湿度を下げ、結露の発生や木材の腐朽を予防します。

理に適った換気メカニズム

理に適った換気メカニズム

小屋裏空間では温度が上がりやすく、熱せられた空気は上部に溜まるため、屋根で最も高い位置にある棟に換気口を設けることは理に適った方法です。
さらに軒裏に給気口を設け、棟換気を排気口とすることで小屋裏空間全体を満遍なく換気することができます。

棟換気(換気棟)はあたりまえ?

右記の写真はどこにでもある住宅街を上から撮影した写真ですが、この写真で確認しただけでも14本の棟換気(換気棟)を確認することが出来ました。近年の新築物件では、この棟換気の採用比率がますます高まってきています。

14本の棟換気確認イメージ
02

棟換気(換気棟)の重要性

換気性能と防水性能の両立

棟に換気口を設けるという構造上、換気口からの雨漏りを防ぐため、棟換気(換気棟)には高い防水性能が要求されます。
同時に、高い換気性能を発揮するためには空気の通り道となる換気口を大きく設ける必要があります。
しかしながら、一般に換気性能と防水性能はトレードオフの関係にあり、換気口が大きいほど雨漏りのリスクは高まってしまいます。
トーコーの棟換気(換気棟)は優れた開発力と技術力により、これらの相反する2つの性能を高水準で両立しています。

換気性能と防水性能の両立

台風被害と棟換気との関係 ~小屋裏換気で台風被害を軽減~

近年、平成23年の台風12号から毎年大型台風が日本列島に上陸しています。
その度多くの住宅外皮が被害にあい、特に屋根は屋根材が飛散するだけでなく、野地板ごと飛散する事故も少なくありません。野地板ごと飛散する住宅の中には小屋裏の結露から飛散するケースがあります。

台風被害の様子

野地板ごと屋根が飛散する原因と、棟換気の取り付けによる台風への対策

原因

小屋裏換気が不十分で小屋裏に結露が発生。
野地板が腐朽し屋根材の緊結力が弱くなっているケースがある。

 
対策

軒裏給気だけでなく棟換気もセットで取り付け小屋裏に換気をとり、野地板を腐朽させない事が必要です。

 
03

トーコーの棟換気(換気棟)

多様な屋根材・屋根形状への対応

住宅の持つ課題に対応してきた結果として、現代の木造住宅においては様々な屋根材・屋根形状が存在します。
屋根材や屋根形状によってその納まりは様々ですが、いずれも木造住宅であれば小屋裏空間の換気は重要です。
多様な納まりに対応し、木造住宅に広く棟換気を普及させるために、トーコーでは屋根材・屋根形状ごとに適した棟換気をラインナップしています。

棟換気設置イメージ

過酷な漏水試験をクリアした、確かな防水性

トーコーでは、建材試験センターと同等の送風試験機を有し、
平均風速20m/s以上、散水量4L/min・㎡の厳しい散水送風試験を行っています。
現在販売されているすべての棟換気(換気棟)製品、通気・換気製品は当試験をクリアしています。

保証付き棟換気(換気棟) 
~小屋裏あんしん保証 KARATTO~

新築から10年間、当社の保証対象製品からの雨漏りを長期に保証いたします。
住宅会社様は小屋裏あんしん保証KARATTOにご登録いただくことで無料で保証サービスをご利用いただけます。

小屋裏安心保証 KARATTO

軒- 棟 小屋裏換気システム

トーコーでは棟換気(換気棟)と通気・換気製品を採用した、軒裏給気、棟排気での効率の良い小屋裏換気システムをご提案しています。
どの製品も安心の防水性能と、長期に通換気性能を維持できる高耐久性を備えています。

小屋裏 軒- 棟通換気システム
軒裏給排気のみの場合
軒裏給排気のみの場合
軒- 棟通換気システム
軒- 棟通換気システム

軒裏給気棟排気の場合は軒裏給排気の場合と比べ給気で900/250=3.6倍、排気で1600/250=6.4倍の効率。
排気で棟換気(換気棟)を使う【TOKO小屋裏 軒-棟通換気システム】は効率・経済性が高い小屋裏換気装置です。

棟換気(換気棟)についてのよくあるご質問

Q.棟換気(換気棟)を連続して施工することはできますか

 

A.連続施工は可能です。各製品毎の施工手順書をご確認ください。

施工手順書はこちら からダウンロードいただけます。

Q.棟換気(換気棟)の対応天井面積について教えてください

 

A.住宅金融支援機構・フラット35の小屋裏換気の基準である天井面積の1/1,600を想定し、棟換気1本に対する天井面積を算出した面積として表記しております。

Q.隅棟に棟換気(換気棟)は使用できますか

 

A.ご使用いただけません。

お問い合わせ

Contact

まずはお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ

0743-71-0151