1. HOME
  2. 商品案内
  3. エアーフレッシュ
棟換気

軒ゼロでも軒先で使用できる画期的給気部材

昨今、都心部など狭小地に住宅を建築する事が多く、軒ゼロの住宅が増加傾向にあります。ただ、軒ゼロの住宅は従来の軒天からの換気が出来ません。「エアーフレッシュ」は軒ありなしに関係なく軒先から換気が出来る画期的給気部材です。野地板の下に空気の流れを作る事で、小屋裏の湿度を下げ、結露を防ぎ住宅の劣化軽減に貢献し、また省エネであり快適な住まい造り、住宅の長寿命化に必要な部材として、棟換気との併用をお勧め致します。

NEWエアーフレッシュに待望の防火仕様が新登場!

火災時に熱膨張材で給気経路を閉塞する防火仕様

発泡温度や発泡倍率などをチューニングしたオリジナル配合の熱膨張材を用いることで、火災の際に給気経路を熱膨張材で閉塞することが出来ます。給気経路の閉塞試験では、公的試験機関にて屋根材の不燃試験と同条件である750℃、20分の電気炉試験で給気経路の閉塞状況を確認しています。

火災時に閉塞を妨げない「S型フラップ」特許出願中

火災時フラップが熱膨張材の閉塞を妨げない特別な形状フラップ「S型フラップ」を開発。特許出願中のトーコーオリジナル技術です。

熱膨張材を入れても高い水密性はそのまま、換気欠損もなし

元来高い水密を誇るエアーフレッシュ。熱膨張材の導入、フラップの形状変更でも水密性はそのまま。換気欠損もありません。

加熱前の状態 加熱後、フラップが落下 熱膨張材が膨張、開口を閉塞
雨水の侵入も「WATER STOP」でシャットアウト!

近年「ゲリラ豪雨」という脅威的な雨が頻繁に各地で起こっていますが、エアーフレッシュは、風速30m/s 水量240mm/hの状況でも水の侵入が認められませんでした(当社実験結果による)。秘密は風速10m/sで作動する「WATER STOP」が吹き付ける雨水をシャットアウト!

スレート瓦はもちろん金属屋根・平板瓦等あらゆる屋根材に対応
コロニアル 平板瓦 金属屋根
エアーフレッシュをご使用される時の注意点

下記の「施工前の注意事項」につきましては、設計段階からの考慮が必要となりますので
事前に元請け様と工事店様との打ち合わせをお薦めいたします。

1. 野地の出を確保してください。

野地の出の確保寸法は最終壁面より上記の出幅を確保してください。短かったり、長かったりしますと外壁材が入らなかったり隙間が空き止水性能に問題が生じます。

2. 開口部を12mm以上確保してください。

設置前に軒先の開口幅の確認をお願いします。上図の様に高さ12mm以上をとってください。当寸法の開口がない場合は十分な換気が取れません。

3. 透湿防水シートで開口部を塞がないでください。

防水シートを張り上げる際、シートが開口を塞がないように張り上げてください。防水シートの頂部は両面テープで留めつけてください。防水シートが開口にかぶると音鳴の原因となります。

寸法情報

エアーフレッシュ
エアーフレッシュ
寸法情報