1. HOME
  2. 商品案内
  3. 片流れ双快

片棟の棟換気に革命的進化形が遂に登場 片流れ双快

壁面を直接固定しない新工法で美しい仕上がりに

新工法で意匠性が格段に向上

壁側スペ―サーを使用する新工法は意匠性が格段に向上します。壁側ス ペーサーが支えとなり壁側の波打を抑え、美しい仕上がり。

片流れ双快 従来工法との比較図 新アイテム「壁側スペーサー」でワンストップ施工が実現
特許部材壁側スペーサーで2回現場に足を運ぶ必要がなくなりました。棟換気の取り付けがワンストップで完了します。ま た、壁側スペーサーを使うことで壁面に釘・ビスを直接固定しないため、美しい仕上がりと安心の防水性能を発揮します。

片流れ双快図 施工例
壁側スペーサーを使用すれば、仮止めせずに本留め付けできる。   壁施工業者に壁材を取り付けてもらい施工完了。

金属屋根と化粧スレートで棟換気が兼用出来る

新規開発した特許構造「大型止水板スライド構造」により、棟換気のサイズを変えることなく
@防水性能の向上
A緩勾配から急勾配までの勾配対応
B換気容量のアップ
が実現できるようになりました。この構造により、化粧スレートと金属屋根材を兼用することが出来、製品の在庫削減や 現場での取り付けミス防止などの効果を発揮することが出来ます。
片流れ双快図

1.5 倍 の大換気量でコストパフォーマンスNo.1 を実現

弊社では棟換気の有効開口基準は「フラット35」の融資基準に基いて計算しています。たとえば下図の天井面積35uの住宅の場合、「フラット35」 の融資基準で計算すると218.75cu以上の開口面積が必要になります。当社従来品で計算すると2Pタイプが1本に1Pタイプがもう1本必要になり ますが、片流れ双快だと2Pタイプ1本だけでOKです。コストパフォーマンスの良い棟換気です。
片流れ双快図 必要有効開口面積の計算

付属品

双快付属品

※壁側スペーサーは厚さ14〜18mmの化粧破風または壁材に対応しております。
以外の物をご使用の際は営業マンにご相談ください。

別売り

双快別売り品 双快別売り品

※「R-93 の専用棟」と「R−93Pの表ジョイント」はケース単位での商品出荷とさせていただきます。

寸法情報

片流れ双快
片流れ双快
寸法情報