1. HOME
  2. 入線ユニットi-ROOF用

金属屋根の緩勾配に対応した棟部入線部材。 入線ユニット i-ROOF

外観からケーブル線を見せず美観向上!TVアンテナ線も収納!

PVパネルのケーブル線は一般的に壁側から入線させる事が多いです。ただ壁側から入線させるとケーブルが住宅の外観から見え美観を損なうこともあります。また壁から入線すると漏水の危険も伴います。この「入線ユニット」は棟部から小屋裏に入線するので壁側にケーブルが出てこず、美観を損なう事なく、約20年間棟換気創りから培われた技術で雨水から住宅を守ります。またPVケーブルだけでなく、テレビのアンテナ線やBS・CSのアンテナ線等も引き込めます。

従来工法との比較図

高い水密性能

棟換気と同レベルの試験(自社試験)を実施。止水材の形状及び配置構成を独自で考案し、この高い止水性を実現しています。またカバーも天面から滴る水滴を外側に逃し入線部に水滴を浸入させにくい形状になっています。
水密試験風景
     当社自社水密試験風景     カバー形状検証風景

ケーブル線追加入線可能。入線容量も大

カバー部分は取り外しができるため、新築時に予め入線ユニットを取付しておけば、後からソーラーパネルを付けたり、パネルを追加しケーブルが増えたりしても入線が可能です。また両棟の両方から入線が可能なので入線容量も大きいです。
入線量

付属品

付属品

寸法情報

入線ユニットi-ROOF用
入線ユニットi-ROOF用
寸法情報